welcome

新エーテル理論


目次 論文一覧 プロフィール リンク集

新エーテル理論とは、相対性理論を検証していく過程で生まれた全く新しい物理理論です。

相対性理論の登場により否定されてしまった光の媒質としてのエーテルについて、存在の可能性を含め再検討することにより導き出されました。

エーテル光の媒質であり引力により引き寄せられるという性質を前提に、新たにエーテルの性質や動態を検討し従来のエーテル理論で考えられていたエーテルと大きく異なる性質の「エーテル」(従来のエーテルと区別するために「」で囲んで表記します)を定義しました。
「エーテル」が存在するというたった一つの仮定から様々な理論が導き出されます。今までの理論で説明されてきた現象を別の理論で説明したり、今までの理論では説明が困難だったり、不可能だった現象を簡単に説明することもできます。
論文1:「エーテル」引きずり仮説と光行差についての再検討では、「エーテル」が地球に引きずられ地球と一緒に移動していても光行差がおこることを説明し、マイケルソン・モーリーの実験により「エーテル風」が観察されなかった事実を否定することなく、光の媒質としての「エーテル」が存在する可能性があることを示しました。
論文2:「エーテル」の存在を前提とした相対性理論の再検討では、「エーテル」の存在により成り立たなくなる「光速度不変の原理」を出発点の一つとして導き出された相対性理論を用いることなく、時計の遅れや重力による光の屈曲や赤方偏移など、従来相対性理論の結果と考えられてきた事象を「エーテル」の存在を前提とし説明し、相対性理論に代わる新たな理論を構築し提案しました。
新エーテル理論では、今後も「エーテル」の存在を前提とし様々な物理現象を再検討することにより新たな物理学の体系を提案していきます。
現在はまだどこからも認識されていない生まれたばかりの私的な理論ですが、多くの方に知っていただき興味を持っていただけることを願いこのホームページを作りました。
このホームページをきっかけに新エーテル理論が広く認知され、議論の対象になることを願います。
2012年9月20日

論文3:「エーテル」の存在を前提とした万有引力についての考察がやっと完成しました。当初の予定よりもかなり遅れてしまいましたが、何とか年内に完成できホッとしています。なぜ、すべての物体が引力を持ち、何がその引力を伝えているのかについて、「エーテル」が存在し引力により引き寄せられることを前提とし考察しました。万有引力について、その発生機序と作用機序を理論的に解明した論文は本報が初めてであると自負しています。ぜひ、御一読くださるようお願い致します。
2013年12月27日

論文4:「エーテル」の存在を前提とした宇宙の成り立ちがやっと完成しました。論文3の発表から3年5か月もたってしまいました。ようやく完成できホッとしています。宇宙の大規模構造が泡が何層にも重なり合ったような構造をしていることと、ほぼすべての銀河の中心にその銀河の大きさと比例する超大質量ブラックホールが存在することに注目し、新エーテル理論で今までに判明したことを土台として、宇宙の成り立ちについて検討しました。現在謎とされているほぼ全てのことが理論的に解明できた思います。「エーテル」の存在を前提とするだけでこんなにも簡単に謎が解けてしまったことに私自身も驚いています。皆さんも、ぜひ本論文を読み、私と同じ驚きを体験してください。
2017年5月26日
ご意見、ご感想

目次:項目をクリックすると各ページに移動します。論文を開くをクリックすると直接論文(PDFファイル)を開くことができます

[新エーテル理論]

  1. はじめに

  2. 「エーテル」引きずり仮説と光行差についての再検討
  3. 論文を開く(PDFファイル)

  4. 「エーテル」の存在を前提とした相対性理論の再検討
  5. 1.「エーテル」について
    1-1 「エーテル」の基本性質
    1-2 「エーテル」の基本性質から導き出される性質
    2.空間について
    2-1 天体周辺の空間について
    3.光について
    3-1 光の速度について
    @.光源のみが運動している場合
    A.観察者のみが運動している場合
    B.光源と観察者がともに運動している場合
    3-2 光の進行方向について
    @.移動している「エーテル」を進む場合
    A.移動していない「エーテル」から移動している「エーテル」に光が進入してきた場合
    B.移動している「エーテル」の中で光を発射した場合。
    C.「エーテル」のなかを移動しながら光を発射した場合。
    3-3 重力による光への影響について
    @.重力による光の屈曲について
    A.重力による光の赤方偏移について
    4.時間についてて
    4-1 時間の遅れについて
    4-2 「エーテル」と時間の遅れについて
    @.運動による時間の遅れについて
    A.重力による時間の遅れについて
    5.考察
    論文を開く(PDFファイル)

  6. 「エーテル」の存在を前提とした万有引力についての考察 2013/12/27追加
  7. 論文を開く(PDFファイル)

  8. 「エーテル」の存在を前提とした宇宙の成り立ち 2017/5/26追加
  9. 論文を開く(PDFファイル)

  10. 作成中

トップページ 目次 次のページ



Copyright (C) 2012 Yukihiko Hoshino
初版:2012年9月22日、最終更新:2017年7月4日
新エーテル理論
inserted by FC2 system